石けんオフメイク日和

オーガニックコスメやミネラルコスメが大好き!石鹸落ちコスメをメインに紹介していきます。目指せエイジレスな肌!

美肌にも効果的】生ならアマニ油、加熱するならココナッツオイル!【必須脂肪酸をしっかり摂ろう

こんにちは😃

みつばちです🐝

今回は、私が使っているココナッツオイル』と『アマニ油』、そしてインナービューティーについてお話しします☝︎

f:id:Honeybee3:20191027174130j:image

 

ココナッツオイルは酸化しにくい=加熱に強い

 

ココナッツオイルは加熱時、アマニ油は生食時と使い分けています。

 

まず、脂質というのが

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

の2つに分類されます。

飽和脂肪酸というのが酸化しにくい脂質不飽和脂肪酸酸化しやすい脂質になります。

植物油の中で唯一飽和脂肪酸が多いのがこのココナッツオイルなのです

飽和脂肪酸が約9割を占めると言われています。

ですから加熱調理時には酸化に強いココナッツオイルがオススメです👍

対して、ココナッツオイル以外の植物油は不飽和脂肪酸が主成分なので酸化しやすいと言えます。

honeybee3.hatenablog.com

 

ココナッツオイルだけ摂取すればいい?

 

そんなに酸化しにくいなら、脂質はココナッツオイルだけ摂ればいいじゃんと思うかもしれません。

が、それは違います。

上に書いた不飽和脂肪酸も、健康な体づくりのためには摂取する必要があるのです。

不飽和脂肪酸の中にも種類があり

オメガ3脂肪酸(αリノレン酸など)

オメガ6脂肪酸リノール酸など)

オメガ9脂肪酸オレイン酸など)

の3つに分類されます。

この内オメガ3系とオメガ6系は体内で生成することが出来ないため『必須脂肪酸』と呼ばれています。

オメガ3系はアマニ油やえごま油に多く含まれます。

オメガ6系はコーン油、ごま油、紅花油、サラダ油に多く含まれます。

オメガ9系はオリーブオイルや菜種油に多く含まれています。

また不飽和脂肪酸とひとくちに言ってもそれぞれ安定性が違い、この中でもオメガ3系が一番不安定で酸化しやすくなっています。

オメガ6系、オメガ9系になるにつれ安定性が高く酸化に強くなっています。

 

現代人の食生活では オメガ3系が不足しがちになっています。

あくまで不飽和脂肪酸は酸化しやすいというだけで、どの脂質も体には必要であり、バランスよくとることが大事なのです☝︎

honeybee3.hatenablog.com

 

αリノレン酸の効果

 

亜麻仁油に多く含まれるαリノレン酸(オメガ3系脂肪酸)にはアレルギーの改善、血液をサラサラにし動脈硬化、高血圧、脳梗塞心筋梗塞の予防に効果があるそうです。

また細胞膜も柔らかくなります。

細胞ひとつひとつが柔らかくなるということは、肌も柔らかくなるということ☝︎

つまり美肌効果も期待できるんです💕

現代人の食生活で摂取量がかなり減ってしまったオメガ3系を効率よく摂れるということで、アマニ油やえごま油が注目されたんですね。

 

酸化するとどうなる?

 

そもそも酸化のなにがいけないのでしょうか。

酸化は加熱だけでなく、光や空気に触れることでも起こります。

酸化した脂質は過酸化脂質と呼ばれます。

この過酸化脂質を摂取しすぎると、がんや動脈硬化認知症を招く可能性があります。

不飽和脂肪酸の中でも特に酸化しやすいαリノレン酸は、加熱せずとも開封して空気に触れただけでどんどん酸化が進みます。

ですから開封後はなるべく早く使い切るよう、メーカーも推奨しているんですね。

 

アマニオイルを販売しているメーカーのHPを見ると、臭いが出るため加熱調理はオススメしないと書いてあるところがありました。

成分だけでなく、風味まで劣化するとなると尚更加熱は避けた方が良さそうです。

honeybee3.hatenablog.com

 

オススメの取り入れ方

 

ココナッツオイル

 

ココナッツオイルは散々酸化しにくいと説明してきましたから、お分かりの通り加熱調理の際に利用するのがオススメ😉

ココナッツオイルには未精製のエクストラヴァージンと精製済みの無臭タイプがあります。

どちらも使ってみましたが、調理油を置き換えるなら断然無臭タイプがオススメ

未精製はココナッツの甘い香りがしてお菓子作りなどにはピッタリ🎵

しかし加熱してもにおいは消えないので、料理に使うには不向きです💦

ココナッツオイルの融点は24度くらいなので、夏は液状、冬は固形になります。

夏は直接注いで使うことができます。

冬は固まって出なくなってしまうので、密封容器に移しておくことをオススメします。

移して冷蔵庫に保存しておく方が酸化をより防ぐことができます。

私も密封容器に移し、バターナイフなどですくって使っています。

ココウェルはココナッツの匂いが全くせず、値段も私が知る限り一番リーズナブルなのでココナッツオイルデビューにもオススメ😉

 

アマニ油

 

酸化に弱いアマニ油は生でいただきます。

ノンオイルドレッシングと混ぜ合わせてサラダにかけるのが簡単にできます。

他ヨーグルトや納豆、スープなど、とにかく色々なもので試してみてください

もちろんアマニ油単品でもOK👍

スプーンに注いでそのまま飲んでみましたが、においも味もほとんどなく、ただTHE・油って感じがちょっと苦手でした・・・。

この商品はプラスチック製のボトルなので捨てるのが楽だし、落としても割れる心配がありません。

しかも、一滴ずつ好きな量だけ注げて液だれしにくいんです

更に二重構造で開封後も酸化しにくい

酸化によって効果がなくなるどころが、むしろ悪影響が出るようになってしまうわけですからボトルにも配慮して選びましょう☝︎

honeybee3.hatenablog.com

 

カロリー

 

ココナッツ油とアマニ油の良さについて話してきましたが、カロリーは他のオイルと変わりません。

ですから、普段の食生活に追加するとなると脂質の摂りすぎになる可能性があるので注意が必要です。

ただでさえ現代人はオメガ6系とオメガ9系は過剰摂取しがちですから、新しいものを取り入れるだけでなく、普段の食生活も見直したいところです。 

 

以上、私がオススメするアマニ油とココナッツオイルのご紹介でした

 

他にも美容ネタを発信しています。

コメント、読者登録お気軽に🎵
ブログの更新はTwitterInstagramでお知らせしていますので是非フォローしてください💕

最後まで読んで下さりありがとうございます🎀

 

〈おすすめ関連記事〉

honeybee3.hatenablog.com

honeybee3.hatenablog.com

honeybee3.hatenablog.com

ディズニーブログと育児ブログもやってますのでよろしくお願いします💕

honeybee3-disney.hatenadiary.com

honeybee3mama.hatenablog.com