石けんオフメイク日和

オーガニックコスメやミネラルコスメが大好き!石鹸落ちコスメをメインに紹介していきます。目指せエイジレスな肌!

化粧水は手❓コットン❓〇〇なら両方のいいとこ取りでしっとりすべすべの肌に✨

こんにちは、みつばちです🐝

今回は化粧水を手でつける場合・コットンでつける場合のメリット・デメリットと、後半ではそれぞれのメリットを兼ね備えた私イチオシの使い方をご紹介します💡

是非最後まで見ていってくださいね💕

化粧水は手?コットン?両方のメリットいいとこどりな付け方

手で付ける場合

メリット

①肌のコンディションを確かめながらスキンケアできる

肌の状態を知るのはとても大切なことです。

鏡は毎日見るものだと思いますが、手で触れることによってまだ目に見えないニキビや吹き出物の兆しを察知することができます。

変化を感じたらアクネケア系のスキンケアにチェンジしたり、スポッツ美容液を使って悪化を未然に防ぐことができるわけです。

(もちろん鏡を見るのも大事で、正面からだけでなく横から・下からもチェックするようにしてください。)

また女性は生理周期も肌に影響しますから、それによって自分の肌がどう変化するのかを日頃から把握しておく習慣も身につけましょう💡

そうすることで急な肌荒れが不可抗力なのか、それとも他に要因があるのか判断しやすくなります。

寝不足、ストレス、食生活など、原因が分かればスキンケアだけでなくそちらも見直すようにしましょう。

 

②肌の温度で浸透したかわかる

何度も化粧水を重ね付けしていると、別に冷蔵庫で冷やした化粧水を使ったわけでなくとも肌がひんやりするんです。

このひやっとする感触が、しっかり化粧水が馴染んだ合図😉

さっぱり系やしっとり系、化粧水のタイプによって触り心地はかわりますから、この温度で判断しましょう☝️

 

デメリット

①化粧水が手からこぼれる

手のひらに出した化粧水もこぼれやすいですし、指に取った化粧水も流れやすいです。

 

②肌全体に行きわたらせにくい

指にとった化粧水が指からも肌の上でも流れてしまうので、満遍なく行き渡らせるのが難しいです。

 

それでも手で付けたいなら“とろみ化粧水”

 

それでも手で付けたいときは、それを推奨しているブランドの化粧水を使うというのも手です💡

例えばディセンシアの化粧水👀

こちらはハンドプレスを推奨しているだけあり、化粧水もかなりとろみがあって指でもストレスなく使えます💡

ディセンシア アヤナス トライアルセットのレビューはこちら⬇︎⬇︎ 

コットンで付ける場合

メリット

①液だれしない

化粧水の使用量1回分の目安として500円玉くらいと書いてあったりしますよね。

でもこれだけの量を手の平に出すと結構なみなみになって溢れそうで、それより少ない量だけ出すようにしている方も多いのでは❓

でもコットンならしっかり含んでくれますから、適量を使うことができます💡

 

②顔全体にムラなく付けられる

指だと最初に触れたところに化粧水がつくだけですが、コットンならパッティングする度化粧水が染み出してムラなく満遍なく顔全体から首まで馴染ませられます👍

 

③そのままコットンパックできる

さけるコットンを使えば、染み込んだ化粧水をパックして余すことなく使えます。

大判コットンなら首までパックできますし、小さいコットンなら乾燥しやすい頬だけパックしても効果的です☝️

 

デメリット

①コストがかかる

コットンは使い捨てなのでコストがかかります。

また化粧水も一回の使用量が増えますからコスパは落ちてしまいます。

 

②敏感肌は刺激になることも

敏感肌の方はコットンの摩擦が刺激になってしまうこともあります。

また肌荒れしているとき、ニキビや吹き出物があるときも避けた方が無難です。

 

③コットンの毛羽立ちが残る

パッティングしているときは気づかなくても、次の乳液などを付けてる時に肌にコットンの繊維が残っていることがあるんですよね😣

 

おすすめコットン

 

繊維残りがストレス❗️って方はシルコットがおすすめです。

中身を包んであるので毛羽立たず、ドラッグストアで買えます。

しかもプチプラなのに優しい肌触り🎀

 

両方のメリットを兼ね備えた付け方はコレ❗️

ミスト状化粧水を使う

ミスト化粧水なら手とコットンのメリットいいとこどり!

手とコットン、両方のメリットを取り入れたいならずばりミスト化粧水がおすすめ❗️

顔に直接スプレーすれば、液だれせずに顔全体に満遍なく行き渡らせることができます☝️

スプレーとハンドプレスを繰り返せば無駄なくしっかり重ね付けできて肌への刺激も心配なく、コスパもバッチリ😉

 

スプレーボトルに詰め替えるという裏ワザも

スプレーボトルに詰め替えれば持ち運びにも便利

もちろんすでに愛用化粧水がある方もいるでしょうし、好みのミストローションが見つからないって方もいるでしょう。

それなら、スプレーボトルに詰め替えてしまえばいいんです🎵

私はいつも使っている化粧水を少量だけ小さいスプレーボトルに詰め替えています。

丸ごと全部大きなボトルに移さないのは、持ち運びにも便利だからです☝️

ボトルは100均のもので十分。

ポーチに入れておいてメイク直しの度にシュッと吹きかければメイク中もしっかり潤いをキープ✨

 

お風呂上がりはソッコー保湿❗️

 

またこの詰め替えスプレーはお風呂上がりにも使っています。

肌の水分量ってお風呂中が1番高く、浴室から出た瞬間から急激に下がっていくという話を聞いたことがあります👀

ですからお風呂から上がったら服を着る前にすぐスプレーしています。

このとき首までしっかりスプレーしておけば、襟が濡れてしまうこともありません。

もちろんスプレーしただけでは化粧水と一緒に肌の水分も蒸発していってしまいますから、しっかりハンドプレスしてなじませるのを忘れずに💡

ブースターを導入している方はそれを使ってもいいですね。

お風呂上がりは肌が柔らかく化粧水のなじみもいいので、乾燥肌で化粧水がなじみにくい方は是非取り入れてみて下さい😄

 

まとめ

 

手かコットン、どちらがいいかというのは化粧水・肌との相性によるので一概には言えません。

ただどんな方法をとるにしろ、重ね付けハンドプレスはしっかりおこなってください👀

1万円の化粧水を1回しかつけないより、3000円の化粧水を3回付けた方が肌が水分をしっかりたたえみずみずしくなります。

水分たっぷりの肌はそれだけでキメがふっくらし毛穴も目立たなくなるので、夜だけでなく朝のスキンケアでも忘れずに❗️

メイクのりがぐっと良くなりますよ🎵

そして次のステップにうつるのは化粧水が馴染んで肌表面の水分がなくなってから☝️

これはスキンケアの全ステップ共通です。

自分に合った使い方でアイテムの効果を最大限引き出し、マスクメイクでも乾燥知らずのぷるぷる肌を目指しましょう❗️

  

ブログの更新はInstagramでお知らせしていますので是非フォローしてください💕

最後まで読んで下さりありがとうございます🎀

 

〈おすすめ関連記事〉